Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

ビジネス変革のタイミングを見極める

2013年7月30日

test1
世界をリードするICTサービスプロバイダー、NTTヨーロッパの製品戦略部門副社長であるレン・パディラが、クラウドへの適切な移行時期について説明します。


初出:Data Center Solutions(dcseurope.info)


競争力強化のためにクラウドを検討したり、コスト削減のために新しく画期的な方法を模索しているCIOが増加していることは明らかです。KPMG [1]が 最近行った調査で、英国企業の42%が、今後12か月において少なくともITコスト全体の5分の1をクラウドサービスに充てることが分かり、クラウドの使用が2013年の取締役会における議題をまさに独占していることを示した結果となりました。しかし、クラウド移行によるビジネス的なメリットに疑いはないものの、クラウド戦略実装の時期と方法を判断することがいまだに複雑な難題であると捉えている企業もあります。

移行時期と方法の大きな課題

クラウドへの移行時期が的確かどうか判断を下すとき、ビジネス戦略から発生する独自の懸念や疑問が次々と浮かび上がります。あらゆる規模の企業にとって、セキュリティ、拡張性、および制御は、クラウドソリューションを選ぶときの基本要素です。小さな企業はクラウドがどのような競争力を与えてくれるのか、今後の成長にどのような意味をもたらすのかを理解したいと考えます。一方、大企業は、すでに進められている事業がクラウドでどのようにサポートおよび改善されるのか、どの程度クラウドが既存のICTインフラと相互作用できるのか、またこの移行がもたらす変化の規模はどの程度なのかということをより懸念します。こうした問題を再確認することで、クラウドコンピューティングをいかに迅速にICTモデルに採用できるかが決まるのです。

小規模な企業が規模以上の成果を上げる方法

社内でのICT管理は資源を大きく消耗するため、起業したての企業にとってはクラウド電子メールを導入することがほぼ常識となっています。しかし、クラウドを利用すれば、顧客リレーションシップ管理(CRM)、人事管理、コラボレーションツールなど、これまでは大企業向けに限られていたプラットフォームへのアクセスも可能になります。こうしたクラウドベースのサービスにより、小さな企業は強い競争力をつけるためのソリューションへアクセスできるようになるのです。クラウドアプリケーションへのサインアップと設定は、ほとんど瞬時に完了することができ、実際のハードウェアやソフトウェアの購入にかかるコストの数分の一の費用で済みます。クラウドソリューションがベースとするas-a-serviceモデルでは、使用した分だけを支払う仕組みになっており、ハードウェアとメンテナンスのコストはクラウドプロバイダーの負担です。また、実際のプラットフォームはWeb上に常駐するため、どこからでもどのデバイスのブラウザからでもアクセスできます。その結果、クラウドならば「社内」ICTシステムよりもはるかに簡単に「分散型」のビジネス構造を構築することができるのです。

最後の要点:クラウドは、本質的に拡張性を備えており、事業の成長に柔軟に対応できます。急成長を望む起業したての企業にとっては大きなメリットです。

グローバル化を推進

中規模および大規模企業は、充実した社内ICT資源を保有している傾向にあるものの、クラウドがその企業のコアなビジネス戦略から切り離された機能として位置付けされているというわけではありません。ヨーロッパや北米で成熟した企業の多くは、重要な実現技術としてEコマースを利用するなど、クラウドの潜在力を引き出し新興市場における成長の機会を活かしています。こうした地域の小売業やファッションブランドは、クラウドを活用して市場の「新興富裕層」の顧客を獲得しています。また、NTTヨーロッパでは、豊富なクラウドインフラとグローバルネットワークフットプリントをベースに、多くの北米ヨーロッパの企業がアジアへ進出したり、アジアの企業が北米ヨーロッパへ進出することを支援しています。クラウドの思想に含まれる遍在性とグローバルに容易なアクセス。これを実現するには、現存するローカルデータセンターやローカルネットワークポイントがその地域の知識と結び付くことが必要なのです。

こうした市場に事業を拡大するには、確固たる現地の能力、詳細な市場知識、また「仮想的」に本社システムとプロセスを新しい地域の支社にほんのわずかな設定時間で移植する能力が求められます。グローバルなフットプリントを本当に実現できるサプライヤーを見極めるには、慎重な検討と調査が必要です。ビジネスクリティカルなアプリケーションをクラウドに置くことを検討する企業は、その主要市場にあり、単一プロバイダーによるグローバルネットワークに繋がっているデータセンターインフラを、少なくとも1つは探さなくてはなりません。ネットワークのオーナーを知ることは、大企業にとって不可欠です。これは、問題発生時の問い合わせ先を知るだけにとどまりません。この知識を持つことで、CIOはサービスプロバイダーの投資における優先事項に基づいた、確かな意思決定を行うことができるのです。

多様なレベルのクラウド

押さえておきたいのが、Webを介して誰でもアクセスできる「パブリック」クラウドサービスと、注文に基づきプライベートネットワークでサービスが配信される「プライベート」クラウドサービスとの違いです。GoogleドライブやAmazon Web Servicesなどがパブリッククラウドサービスの代表例です。こうしたサービスでは、サインアップした他のユーザーとコンピューティング資源を共有します。

適切なクラウドの選び方は、保存するデータの機密性、使用方法、およびデータの取り出しやすさなどによって変わってきます。事業の成功や顧客データを含むシステムの中核を担うミッションクリティカルなサービスには、高度なアップタイムとセキュリティを備えたプライベートクラウドが必要です。一方、会社のイントラネットなど、重要度の低いアプリケーションやデータには、あまり厳密に統制されていない低コストの環境でも問題ありません。

事業の加速のきっかけとしてのクラウド

クラウドの出現により、ICT企業は、ビジネステクノロジーの基本的な疑問に立ち返らざるを得なくなりました。コストを削減できるのか、成長を促すのか、それともその両方が可能なのか。クラウドを戦略の中心に置く「新しいモデル」の事業では、既存のインフラで事業を維持するのではなく、革新と開発に社内ICT資源を集中させることができます。結果として、こうした企業はより革新的に、そして新たな収益獲得のチャンスをより迅速に活用できるようになったのです。インスタグラムはこの新しいビジネスのよい例と言えます。100%クラウドに依存してサービスを提供しつつも、配信はサービスプロバイダーに依存しています。つまり、顧客が求めるものを配信することに専心できるというわけです。わずか5年前には、このようなビジネスモデルは不可能だったでしょう。ソリューションの提供という実質的な課題が、独自のビジネス発想を妨げていたと思われます。

迷わないクラウド移行

いつクラウドへ移行すればよいかという質問に対する単純な答えはありませんが、これを今検討しなければ、企業は取り残されるかもしれません。正しいクラウドプロバイダーを選ぶことは、自社事業に何が合っているのか選ぶことを意味します。クラウド移行の目的はコスト削減なのか、拡張性の向上なのか、またはICTの柔軟性や敏捷性の向上といったことなのか。顧客がそれを見極めるためのサポートをコンサルティング型のアプローチで行ってくれるプロバイダーを選択すべきです。また、クラウドソリューションのメリットを示すことができ、確実にビジネスの目標が達成されるよう顧客と協力してくれるプロバイダーがよいでしょう。スタート時点で正しい選択をすることで、クラウドから得られるものは無限に広がるのです。

このページのトップへ